NO NAME

先日、目覚めた瞬間からMr.Chirdrenが頭の中に流れていて、

「抱きしめたい」で目覚めたものの、

今は「名もなき詩」を繰り返し聴いている。

この曲が発売されたのは1996年。

まだteenagerだったので、当然なのかもしれないけれど、

当時の私には歌詞の意味すらスッと入ってこなかったように思う。

2017年、

30代も後半になると、

ようやくその歌詞の素晴らしさに気がつく。

解釈の仕方はきっと人それぞれ違うだろうけど、

グッと胸が詰まるような、

素晴らしい曲で、

20年前の歌とは思えないほど、全く色褪せていない。

私たちは一生懸命探そうとするけど、

目に見えないものを、

いくら目を凝らしてみようとしても、見えない。

探しても出てこない。

〝愛はきっと奪うでも、与えるでもなくて、気がつけばそこにあるもの”

でもきっと私たちは、

感じることはできる。

love and internal struggle.

hachi

XOXO


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索