JULY 4th

アメリカでの花火は何回目だろうか。

日本での花火はたくさんの思い出。

雑踏 の中歩く足音、

人々の笑い声、

屋台や香水や子供達の匂い、

暗闇と光、

蛍光色の輪っか、

進まない車のクラクションの音、

肌にまとわりつくような暑さの中、

花火のドーン ドーン という

脳の奥まで響き渡るような音。

目を閉じるだけで、すぐにタイムトリップできるほど、

私の生きてきた人生の中で、

年に数回の花火は、大きいものなのかもしれない。

親友と見た花火、

一人で見た花火、

大好きな人と見た花火、

今年の花火は主人と、

そして、大好きなお友達FAMILYと。

何年か先も、

きっとまたこの日を思い出す。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事