足るを知る。

女性は悩みや不安を誰かに話し解決策を求め、

男性は心の中で自分の内側で解決策を求めるらしい。

私はその両方で解決策を求める気がする。

自分の内側の声を聞いてみる。

会話をして、整理をしながら、今何を感じ、何が必要なのか見つめていく。

それでも細い1本の糸しか見えない時は、

誰かに、

他の糸はありませんか?

と、聞いてみる。

先日、自分の心のモヤモヤした感情がなんなのか、

内側にこもって探ってみたけど、

わからなかった。

高校時代からの親友に、

「聞いて欲しいことがある。」

ってメッセージを送った。

忙しい中でも、彼女らしい優しいメッセージに

私のもつれていた糸がするっと解けたように思えた。

彼女へのメッセージを書く中で、自分の心の声を整理し、

彼女からのメッセージで感情の原因や正体を掴む。

男女だけでなく、

一人一人考え方も、解決策も想いも違う。

「知足」

サントーシャ

足るを知るということ。

ヨガを教える中で、私が大切にしている言葉の一つだけれど、

つい忘れがちになる。

足りないものに目を向けるのではなく、

足りていることに目を向けると、幸せに気がつく。

満足するのではなく、

足りていることに感謝ができるよう。

欲求に心を支配されないように。

嬉しいことも、辛いことも、

ポジティブな考え方も、ネガティブな考え方も、

無理に押し付けることもなく、

優しさの言葉で気づかせてくれる、

そんな分かち合える友がいることが何よりも幸せだと感じた。

私も彼女みたいに、

私の心がスッと軽くなったように、

喜びや嬉しさ、

悲しみや辛さを

分かち合える人でいたい。

喜びは2倍に、

悲しみは半分に。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事