​MY LIFE STORY

インストラクター:Noriko のストーリー

 

皆さんは、1日何回 笑っていますか?

皆さんは、1日何回 感動していますか?

皆さんの、幸せとは何ですか?

 

私は、ヨガと出会うまで、あまり笑顔もなく、あまり感動もなく、自分が幸せなんだと思ったことはありませんでした。

 

幼い頃から偏食が酷く、白米さえも食べれませんでした。

アトピーが酷く、主治医には完治は難しいとも言われていました。

それでも元気に過ごせていたのは19歳まで。

19歳のある日、突然の高熱。40度近い熱が2週間程、その後2週間も38度程の熱が続き、生命の危機に襲われました。

 

原因は不明。過労と、ストレスではないかと言われました。自分が生きているのかどうか、わからない感覚。

そして、その後その熱が脳まで達し、脳炎に。「高次脳機能障害」という、脳の一部が損傷する後遺症を患いました。

 

今まで出来ていたことが、出来ない。

すぐに忘れてしまう。

そんな自分に腹が立ち、なぜ、自分がこんな目に遭うのだろうと、毎日泣いて過ごしたこと覚えています。

そのせいで、自律神経失調症、鬱病、パニック障害を合わせて煩いました。

病気だからといっても、生きていく為に働くしかありません。

なるべく身体が楽な夜型生活、1人暮らしで料理することも億劫なのでコンビニご飯。

若くしての結婚と離婚。交通事故で、車にはねられ全身むち打ち。過呼吸で何度も倒れ、救急車で搬送されることもしばしば。

 

そんな毎日の中で、どんどん悪化する精神的、身体的な不快症状。

1週間で7科も病院のはしごをしていました。

何を食べても毎日蕁麻疹が出てしまう、慢性蕁麻疹にもなってしまい、ある日、アナフィラキシーショックで、呼吸困難になり病院へ。

担当医は、「あなた、死にたいの?仕事もやめなさい、生活を見直しなさい、若いのに身体がボロボロじゃないの!!」

と、すごい剣幕で怒られました。

 

今では感謝しています。その一言がきっかけで、ヨガに通いはじめました。

少しでも健康になれたら。そんな思いでした。その後すぐ単身渡米。

そこで今の主人と出会い翌年結婚しました。アメリカで初めて受けたハタヨガクラス。

最後のシャバアサナで、産まれて初めての感覚を味わいました。

ああ、これがヨガなんだ、ヨガって、すごい!!と。

 

その頃、ご縁があり、私の師であるYOGA AYUS代表MIKIKO JOY氏に出会い、

全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター養成コースに参加し、ヨガのインストラクターになりました。

 

太陽と共に起き、月と共に寝、バランスのとれた食事、ヨガ、

ライフスタイルが変わると身体が変わる。

いつしか不快症状はなくなり、薬を飲むこともなくなりました。

不調を訴えることも、薬に頼ることも、イライラすることもほとんどなくなってしまいました。

病気も個性の一つ。と、向き合えることも出来るようになりました。

 

ヨガから受けた恩恵は、ここでは書ききれない程。

ヨガと出会えたからこそ、今の私がある。

ヨガに出会えたのは、私に出会って下さった皆様のお陰である。

 

ヨガは全く難しいものではありません。

難しいことは一つもありません。

男性も女性も、大人も子供も笑顔で過ごす為の一つの方法です。

その方法を1人でも多くの人に知ってもらいたい。

ヨガって楽しいんですよ!ヨガってすごいんですよ!って伝えたい。

そんな想いでヨガを教えています。

 

明日の笑顔の為の1番のお薬。

皆さんの笑顔のお手伝いができればと思っております。

 

私は今、毎日沢山笑い、毎日感動し、毎日幸せを感じています。

 

Noriko